忍者ブログ

漫画家まどの一哉ブログ

   
読書
「逃亡派」オルガ・トカルチュク 作
(白水社エクス・リブリス)

2018年度ノーベル文学賞受賞。
作者は旅する人であり、116もの旅にまつわる断章を集めてつくられた1作。体験談・エッセイに近いものから、本格的な中編小説まで。はじめからこういった構成を意図して書かれたもの。空港での小さなエピソードひとつとっても心のひだに染み込むような味わい深さがあり、読んでいて楽しい。

実は旅以外の題材もあり、目立っていたのは人体解剖と樹脂加工による標本保存(プラスティネーション)である。作者がなぜこれほど人体標本にこだわるのか、もちろんプラスティネーションに感銘を受けたからだろうが、中編も含めてたびたび出てくる。これだけでも特殊なことで、人体標本小説だけで一冊編んでもいいと思う。

表題作「逃亡派」は、平凡な主婦である主人公が、ある日ふと家に帰るのをやめて地下鉄と駅を使って放浪し、逃亡派とよばれる奇妙な思想団体のホームレスの女と親しくなって何日かを過ごす物語である。ほんの少しの日常からの逸脱だが、逃亡派の女が偏屈で世間と敵対しているのが面白い。こんな人は実際いるだろう。こんなひとときの放浪も旅のひとつかもしれない。

拍手[0回]

PR
読書
「極楽船の人びと」吉田知子 作
(中公文庫)

世を捨てて人生の終末を迎えようとする大勢の人々を乗せ、行方定めぬ極楽行きの客船が出航する。乗客は老若男女といいながらもやはりある程度歳をとった人間が多いようだ。語り手の女性は最初船内をあちこち探検してその様子を説明するが、やがて次々と乗船した客が語り手となり、いつのまにやら最初の女性は登場しなくなってしまう。閉ざされた環境設定で、さまざまな人生が描き出される。

登場する人間は実に平凡であるのに突然非日常な世界に投げ込まれて、読み出すやいなやワクワクとする。乗船しているのがまさに家族や夫婦間の問題で疲れ果てた人びとで、そこには作者得意のシュールな表現はかけらもないのだが、切々として引き込まれる。なかでも身体弱き妻に頼られながら、だんだんと認知症を発症させていく夫の話はおそろしくも悲しい。

作者はこの作品をそれこそあてのない航海のごとく、設定だけして先のことを考えずに書いたそうだが、たしかにオムニバス的にいろんな話が書けるので良い方法かもしれない。ところがこの作品は極楽船自体も荒れ狂う台風の中で被災し、だんだんとスラム化していくので二重に楽しめる仕掛けになっている。作者はかなりいろんなことができる人のようだ。

拍手[1回]

読書
「正義とは何か」神島裕子 著
(中公新書)

「正義」というとややきれいごとめいたなニュアンスがあるが、公正(フェア)というものは、自分にとってあくまで理想としなければならない社会目的なので、気になって読んでみた。
ロールズから始まって、リベラリズム・リバタリアニズム・コミュニタリアニズム・フェミニズム・コスモポリタニズム・ナショナリズムの代表的な論考を紹介。本気で関心があれば原典にあたればよいが、そこまでの興味もない自分にはうってつけの入門書だ。

現在進行形でみるみる変わっていく世界が対象なだけに、思想が発表された時代の限界というものが感じられる。そのせいか、この本でベースとなっているロールズの言う正義がいちばんわかりにくかった。なぜそこで線を引くのか、ロールズの設定する枠組みがわからない。それに比べるとアマルティア・センの、平等であるべきは基本財ではなく「基本的ケイパビリティ(潜在能力)」であるという話の方が納得がいく。

フェミニズムのオニール、オーキン、ヌスバウムらの話はすべて素直に理解出来るものだった。自分はそんなにリバータリアンでないので、小さな政府よりもサンデルの言う福祉国家を支持する。また、コミュニタリアニズムやナショナリズムで共同体に伝統的なものやネーションを持ってくるのは疑問を感じる。本書では過激なコスモポリタニズムや、ナショナリズムと人権の位置付けなどもいろいろと紹介されるが、やはり難民問題が発生して以降いずれも大きく動いているようだった。

拍手[0回]

読書
「夫婦善哉 正続」織田作之助 作
(岩波文庫)

2007年に発見され未発表の「夫婦善哉続編」を含めてあらたに編集された短編集。

さすがに商都大阪というわけではないが、主人公たちのほとんどが日々の経済活動に追われる様子が描かれる。とはいってもとうぜん経済小説ではないのだが、「俗臭」「子守唄」などは会社の話が多くてつまらない。「黒い顔」のように、まるで出世しない地方出身の二人が、やがて映画技師になったり三文役者になったり、夢が半分かなったようなかなわなかったような話がしみじみして良い。

どの人生も走馬灯のごとく駆け足であれよあれよという感じで進んで行く。一人の人生の何十年か分を、要所要所に会話をはさみながら語り部目線であっという間に駆け抜ける。こういう書き方をなんというか、呼び方があるかもしれない。

それとは別に阪田三吉を書いた「聴雨」。自身の思い出の地での体験を書いた「木の都」などは、ゆっくりとした現在進行形の落ち着いた書き方で味わいがあった。案外こういうものがおもしろかった。

拍手[0回]

読書
「痴愚礼讃」エラスムス 著
(慶應義塾大学出版界)

学生の頃、中央公論社「世界の名著」でその存在に気付きながら今になってようやく読んだ。
痴愚神がいかに人間の幸福に貢献しているか、女神様自身が丁寧に解説。利口であることにより訪ずれる様々な苦悩・不安・逃れられないストレス。それに比べて馬鹿であることがいかに生活に安寧と喜びをもたらしていることか。これは様々な具体例を示されるに及ばず、われわれ凡夫が素直に得心できる内容である。語り口も平易でわかりやすく楽しんで読める。ホルバインによる挿絵多数。

読み進むにつれしだいに神学上の煩瑣で不毛な論争の風刺・批判となってくる。くわしいことはわからないが案外興味深いものがあり、神の生成には瞬間があるか?父なる神が子を嫌うというのは可能か?神が女や悪魔や驢馬やヘチマの形をとることができるであろうか?など、これが神学なら外からなぞってみてもけっこう面白いかもしれない。

終わりに近づくにつれ、イエスが愛したのは知性を持つ者ではなく、考えない者、無垢な者。まさしく迷える子羊であったことが説かれる。敬虔さとはなにか。キリスト教は愚かさと親近性を持っていて賢さとは一致しない。愚かさのみに罪の許しが与えられ、智者には与えられない。ここに至っていよいよ痴愚神の存在する意味の核心に触れる。これはたいへんだ。

拍手[0回]

読書
「文章の話」里見弴 著
(岩波文庫)


1935年~37年、全16巻で刊行された「日本少国民文庫」。中には「君たちはどう生きるか」も含まれるが、第13巻にあたるのが本書。子供向けと言いながらその内容は里見弴ならではのかなり高度な人間解説で、中学生はもとより大人でも気づかされることが多い。

「文章の話」といいながら「言葉と思想」「自と他」「自他と意思」など前半は独自の哲学的な話題で、これがどんな文章を書く場合でもその根底にあるべきだという立場だ。大きな人類史の中で自分の存在している位置を『誕生点』を記すことによってグラフ化したり、年齢を経るにつれて下がってくる喧嘩の統計を図にして喧嘩線であらわしたりと、まことにユニーク。なかでも「自と他」は、生まれながらの自分の地の部分に、生きている間に知らず知らず他の要素が混りこんでいて、もはやきっぱり自と他を分けて考えることはできないのが人間であることを解説。なかなか面白い。

後半やっと文章の話が始まったかと思うと、これはまあ常識的でさほど驚くべきところはない。それより前半、話し言葉の例として出される「ゲーム・セット、やあい、勝った、勝った」「あんなこと言ってらあ!ちぇっ、ずるいやずるいや」「健棒だ?何が健棒だい、あんなもの」「何さ、どうしたのさ」などすべてが今では聞かれない言い回しでおもしろかった。

拍手[0回]

読書
「蒼老たる浮雲」残雪 作
(白水Uブックス)

梶の木の下に建つ棟続きの2軒長屋。隣り合って住む二組の夫婦。二組ともあまり世間と親和的ではないが、見張るようにやってくるそれぞれの親や近隣の者が常に批判的・攻撃的で安閑としない。そのせいか一人になった妻はやがて鉄格子の中に閉じこもるようになる。

汗・虫・ネズミその他グロテスクなイメージが匂いたつ、いつもの残雪の世界。相変わらず会話は勝手に話者の思いを言い合うばかりで、相手の言ったことを受けて喋らない。これもなんだか辛いものがある。ひたすら不毛なことをくりかえす人生だ。

さて、この表題作は設定がしっかりしているので、あるていど安心して読める。やはり少しは起きていることを追っていける合理性があったほうが読みやすい。
その点併録の3短編はなにが起こっているのやら把握するのが大変で、もちろんその整合性を崩していくことに狙いがあるにしても、この混乱を味わうのは一苦労だ。これを作品の出来不出来に回収するのは違っていると思うが、個人的には程度の問題としてそこまで過激でなくても良いといった感想です。

拍手[0回]

読書
「神戸・続神戸」西東三鬼 作
(新潮文庫)

俳人西東三鬼の実話小説。戦前から戦後にかけて、多人種がたむろする神戸のホテル住まいの思い出。そこは他に生きるすべもなく体を売って生活する女たちの住まいでもあった。

文庫本解説の森見登美彦が「まるで人の良い天狗が書いたようだ」というのがまさにうなずける作者の人柄があふれ出た話。女性に対して男権主義的にふるまうところがなく、ごく自然にフラットに接することができる人らしい。また親切で骨身を惜しまないので常に女たちが出入りしている。その付き合いに性的な視線はまるで感じられない。仲人もどきの東奔西走や頼まれて子供を産ませてやったりと、ちょっと信じられない人の良さだが、話半分に聞くとしてもこの安ホテル住まいのほとんどが女で、多勢に無勢というところもあったかもしれない。それにしてもめずらしい人だと思う。もちろん基本的に昔はみな貧乏で、助け合ってオープンに生きていたのは今の世の中とちがうところだけど…。

そんななかでもしばらく離れていた現代俳句に対する想いがしだいしだいに大きくなっていくところが、ああこの人は本気だったんだなとあらためて思う。とは言え自分は俳句に関して何も知らない。

拍手[0回]

読書
「アベル・サンチェス」
ミゲル・デ・ウナムーノ 作
(幻戯書房)

幼なじみでありながら、つねに周囲の人気者でしだいに画家としての名声を博してゆく友人。自身は医者として地道な人生を歩みながらも、この友人への嫉妬心に終生とらわれてあがきながら生きていく。

嫉妬、嫉妬、嫉妬。複雑に人間関係がからみあいながらも、全編結局果たされない嫉妬と復讐の物語だ。たしかにすぐ身近に恋人をも奪い、自分の得られないものを本人は意識するでもなく簡単に手に入れていく友人がいれば、嫉妬と復讐が人生の基本的な態度となるかもしれない。いかようにごまかそうとも自分に嘘はつけない。悲しいことだがこれも人間だ。この作品もそうだが、旧約聖書カインとアベルを下敷きに書かれた作品は世界に多くあろう。親しき者の間に起こる嫉妬ゆえの憎しみは、解決できない人間の業のようなものなのだろうか。

哲学的といえばそうだが、主要テーマだけが直球で書かれた感があり、多少息苦しさを感じる。文芸作品としての遊びがなく、生活の具体性があまり描かれていない。日常の些細な出来事や、なんということもない心の移りゆき、身の回りの自然や街の臭いが足りない。こういう作品は味わい方がまた違うのかもしれない。

拍手[0回]

読書
「不良少年とキリスト」坂口安吾 著
(新潮文庫)

個性的な文学者も社会評論となると凡百の床屋政談の域を出ないことがしばしばあるが、さすがに安吾は一歩越えていた。権力には盲目的に服従する日本人の気質が、中世のままでぜんぜん変わっていない指摘など、戦後70年以上たった今でも相変わらずの中世国家なので頷くしかない。浦上の切支丹でさえ三合の米に音を上げたのに、戦時下の国民はわずか二合一尺の配給米の欠配に耐えたという皮肉も愉快。

織田作や太宰との座談があって期待したが、当時の文士間の共有事項がわからなければ、ほぼ雑談のようなものだ。

表題作「不良少年とキリスト」は死んだ太宰について書いたものだが、バンカラに砕けた筆致が冴えて面白い。「太宰は、M.Cマイ・コメジアンを自称しながら、どうしても、コメジアンになりきることが、できなかった。」「『父』だの『桜桃』だの、苦しいよ。あれを人に見せちゃア、いけないんだ。あれはフツカヨイの中で処理してしまわなければいけない性質のものだ。」やはり太宰はこれだな。
「人間性(虚無は人間性の付属品だ)は永遠不変のものであり、人間一般のものであるが、個人というものは、五十年しか生きられない人間で、その点で、唯一の特別な人間であり、人間一般と違う。思想とは、この個人に属するもので、だから、生き、又、亡びるものである。」ここは前後の文脈もあるがかなりいいかも!

拍手[0回]

  
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 3 4 6
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

「世の終りのためのお伽噺」
アックスストア
「洞窟ゲーム」
アックスストア 西遊
「西遊」
amazon ヨドバシ.com
アックス75号
アックスストア

祭り前

秘密諜報家
最新コメント
[08/13 筒井ヒロミ]
[02/24 おんちみどり]
[05/10 まどの]
[05/10 西野空男]
[01/19 斎藤潤一郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
madonokazuya
性別:
非公開
自己紹介:
漫画家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
カウンター
フリーエリア
Copyright ©  -- まどの一哉 「絵空事ノート」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]