忍者ブログ

漫画家まどの一哉ブログ

   
「日本の悪霊」 高橋和巳
読書
「日本の悪霊」 高橋和巳 作

60年代、過激派として略取殺人事件を引き起こし逃亡中の男。そして特攻隊の生き残りである独身の刑事。この二人を主人公に話は本格的な刑事ドラマのように展開する。

エンターテイメントではないが、新聞が読めれば誰でも読めるわかりやすい書き方で書かれている社会派小説。実際ドラマとしてよくできていて、じっくりと話を追って行ける。ところどころやや冗長だが、そこが人間社会に対する問題意識なのだから仕方がない。

暗く虚無的だが社会に対する大きな屈折を抱いて生きている二人の設定は、通俗小説としても魅力たっぷりだが、この二人が社会に翻弄されて疑義を投げつけるありさまは、通俗を超えて確かなテーマを浮かび上がらせる。ラストへ近づくにつれ、絶対的なものであるはずの善悪でさえも、上位の者の都合によって簡単に曲げられてしまう真実が明らかになり、ああ彼らの虚無はここにあったのかと思い知る。

文庫新刊では小林坩堝の解説が出色の出来だ。

拍手[1回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

「世の終りのためのお伽噺」
アックスストア
「洞窟ゲーム」
アックスストア 西遊
「西遊」
amazon ヨドバシ.com
アックス75号
アックスストア

祭り前

秘密諜報家
最新コメント
[08/13 筒井ヒロミ]
[02/24 おんちみどり]
[05/10 まどの]
[05/10 西野空男]
[01/19 斎藤潤一郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
madonokazuya
性別:
非公開
自己紹介:
漫画家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
カウンター
フリーエリア
Copyright ©  -- まどの一哉 「絵空事ノート」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]