忍者ブログ

漫画家まどの一哉ブログ

   
「ペール・ゴリオ」
読書(mixi過去日記より)
「ペール・ゴリオ」パリ物語
バルザック

「ゴリオ爺さん」という邦訳タイトルでおなじみの、バルザック人間喜劇シリーズ。
19世紀前半のパリの安下宿(宿付き食堂)に暮らす老若男女。貧乏書生の若きラスティニャックは、唯一の手っ取り早い出世の方法として、貴婦人とねんごろになって社交界デビューを志す。これも婚期の迫った妹達に、持参金を持たせてやるためだ。当時のパリ社交界にとって、結婚とはまったく政略的なもので、金と金とを繋ぎ合わせて、よりふくらませるだけのためにあったようだ。結婚はいわゆる事業だから、結婚後の自由恋愛はいくらでもアリという世界。

ゴリオ爺さん(挿し絵参照)も、かつて製麺業で儲けた資産を、すべて二人の娘を社交界に送り出すために使ってしまい、自分はラスティニャックと同じ安下宿で年金生活をおくる身分。そしてラスティニャックが愛人となるのに成功したのが、ゴリオ爺さんの娘デルフィーヌ・ニュシンゲン公爵夫人という設定。

物語の前半は公爵夫人と貧乏青年の自由恋愛のなりゆきが、上がったり下がったりしている話でやや退屈だったが、後半は捕り物もあって、破綻をきたす二人の娘の結婚生活と、娘を助けようとするゴリオ爺さんの苦闘がおもしろい。バルザックはいつも金(手形)の話。

とにかくゴリオ爺さんの二人の娘に対する溺愛ぶりがすさまじく、ぜんぜん子離れできていないです。死の間際まで娘たちへの執心ぶりを見せてくれるわけだが、娘の旦那(レストー伯爵)に「あの父親の性格のせいで、私の妻はあんなふうになり、我々の生活は全て破綻した」といわれる始末です。
ゴリオ爺さんの零落した最期を看取ったラスティニャックは、あらためて社交界への挑戦を誓うのであった。というわけで、ラスティニャックの活躍はまた別の機会に。バルザックの人間喜劇シリーズは、登場人物や背景がみな繋がっているというしかけです。

拍手[0回]

PR
  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

「世の終りのためのお伽噺」
アックスストア
「洞窟ゲーム」
アックスストア 西遊
「西遊」
amazon ヨドバシ.com
アックス75号
アックスストア

祭り前

秘密諜報家
最新コメント
[08/13 筒井ヒロミ]
[02/24 おんちみどり]
[05/10 まどの]
[05/10 西野空男]
[01/19 斎藤潤一郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
madonokazuya
性別:
非公開
自己紹介:
漫画家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
カウンター
フリーエリア
Copyright ©  -- まどの一哉 「絵空事ノート」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]