忍者ブログ

漫画家まどの一哉ブログ

   
第2の江原は見つかったのか?
読書(mixi過去日記より)
「第2の江原を探せ!」
(扶桑社)

根付いた感のあるスピリチュアルブーム。江原啓之を信じる人も、頭から全否定する人も、そろそろちゃんと検証する時期に来ているのではないか?
というわけで、気鋭のジャーナリスト5名が、身分を秘してスピリチュアルカウンセリングを体験。16人のスピリチュアリストはホンモノだったのか?
果たして守護霊はいるのか?
このジャーナリストの中に自分の知人がいることもあり、興味津々で買ってみた。

カウンセリングの予約を入れた時点で、住所や職業などを聞かれる場合、あきらかに事前リサーチに活用しているので、先ずインチキ。カウンセリング当日、こちらから与えた情報から、さも霊界からのメッセージのようにこしらえて話す例も多数。また、誰にでも当てはまる「あなたは迷っている」「転換期である」などの常套句で、その気にさせる人もいる。霊視しているようにいいながら、自説・自慢・説教の押しつけで、客をケムに巻くタイプの霊能者もやはりいるようだ。これらはみな格付けが最低点。

ところが相談者(各ジャーナリスト)個人しか知らない事を、こちらから何も言わないのに、当ててしまう人がいてビックリ!名前を聞いただけで、友人の性格までズバリと当てる。明らかに常人ではうかがい知れない特殊な能力を持った人間がいる!

ただしそれが、守護霊がいて霊界からのメッセージかどうかは検証できない。同一であるはずの直近の前世や、守護霊がまるで一致しない。遠い過去の人物の様子ばかり詳細に語られても、思いつきで言ってる風にしかみえない。
自分が思うに、世の中には意識では気付かないほどの小さな相手の様子。呼吸・発汗・体臭・体内電位・脳波状態などを、無意識に感じ取って相手が何者かわかってしまう能力の持ち主がいるのではないか?その延長で過去の出来事まで認識できるかどうかは、なんとも言えないが、即座に霊界を見ているからとは考えられない。

この愉快な企画は今後も継続されるようだから楽しみだ。
書店で社会派ルポのコーナーを探していたが、なんと占いコーナーにあった。やっぱそうか。

拍手[1回]

PR
  
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

「世の終りのためのお伽噺」
アックスストア
「洞窟ゲーム」
アックスストア 西遊
「西遊」
amazon ヨドバシ.com
アックス75号
アックスストア

祭り前

秘密諜報家
最新コメント
[08/13 筒井ヒロミ]
[02/24 おんちみどり]
[05/10 まどの]
[05/10 西野空男]
[01/19 斎藤潤一郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
madonokazuya
性別:
非公開
自己紹介:
漫画家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
カウンター
フリーエリア
Copyright ©  -- まどの一哉 「絵空事ノート」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]