忍者ブログ

漫画家まどの一哉ブログ

   
「予告された殺人の記録」
読書
「予告された殺人の記録」
ガルシア・マルケス
 作

近代化の波が少しずつ押し寄せる旧社会的な田舎町。世界中かつて今でもどこにでもあるこの設定は、現代社会のわれわれ日本人が読んでも十分納得できる。もちろん名誉のための殺人が実際許容される余地は今の日本にはないが。

物語は、厳格に育てられたはずの娘が資産家にみそめられて嫁いでみると既に処女ではなく、結婚したその日のうちに離縁されて実家に送り返されてくる。その妹の名誉を晴らすため二人の兄たちが妹の処女を奪った男を惨殺するというもの。その行われた殺人事件を遡るかたちで、時間をモザイク的に織り込みながら、なぜ予告されていたにもかかわらず殺人が実行されてしまったかを語る。

話は直線的にではなく行きつ戻りつしながらゆっくり進む。なぜなら二人の兄たちが屠殺用のナイフを見せびらかしながら街中に自らの殺人計画をふれまわったのは、誰かに止めてほしかったからであり、名誉を重んじるのが旧社会の侠気(おとこぎ)としても、いかにもやりたくない仕事だからだ。それに妹の処女を奪ったのがほんとうにその男なのか全く検証されていないし、的となっているのは平凡だがやや裕福なアラブ人である。ここにほんの少々階層差がある。

当日が、えらい司教が街にやってくるという祝祭の日で、街全体が浮かれだっているのがいかにも悲惨な事件が起きるのに、話としてはふさわしい。しかも婚礼の日でもある。ざわついているのだ。みんな朝まで飲んで酔いつぶれている。そんななかで屠殺用ナイフを持った男たちが殺人を計画しながらもおびえていて、徐々に徐々にターゲットの男を追いつめるはめになっていくところは現実的だった。実はこの小説は実際に起った事件を題材に描かれているのだ。

したがって社会派リアリズム小説でもあるのだが、なにせ全時間が祭りの日なのでいかにも非日常のふわふわした幻想性が味わえるというものである。

拍手[2回]

PR
  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア

「世の終りのためのお伽噺」
アックスストア
「洞窟ゲーム」
アックスストア 西遊
「西遊」
amazon ヨドバシ.com
アックス75号
アックスストア

祭り前

秘密諜報家
最新コメント
[08/13 筒井ヒロミ]
[02/24 おんちみどり]
[05/10 まどの]
[05/10 西野空男]
[01/19 斎藤潤一郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
madonokazuya
性別:
非公開
自己紹介:
漫画家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
カウンター
フリーエリア
Copyright ©  -- まどの一哉 「絵空事ノート」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]